ZUU「2038年までに時価総額100兆円」の可能性は高い

金融系WebメディアのZUUが上場しましたが、社長の取材記事が話題になっています。

「2038年までに時価総額100兆円を目指す」

会社経営していれば、すぐにでも非現実的であると判断します。
私も同じく、鼻で笑いました。


引用元:http://www.g-education.com/special/cat14/2038100.html

ソフトバンクですら、時価総額200兆円です。
何をもって、100兆円と発言したんでしょうか。
引用元:ソフトバンク総会、社長「時価総額200兆円の目標を実現させる」

しかし、改めて冷静になってみると、実現性があるのではと思いました。
それは円の価値の暴落です。

決済システム・暗号通貨によるイノベーション、商文化の変化により、円という通貨が意味をなさなくなってしまう未来があるのではないか?

仮に2038年の10,000円の価値が2018年における1円だった場合、ZUU社長の発言は以下と解釈されます。

「2038年までに時価総額100億円を目指す」

仮に2038年の1,000,000円の価値が2018年における1円だった場合、ZUU社長の発言は以下と解釈されます。

「2038年までに時価総額1億円を目指す」

現実的で、ありえるんじゃないかと思うんです。

けど、時価総額1億円じゃクソですね。

皆さん、お気をつけて。

あわせて読みたい