【要注意】アセットアイデア長坂代表による著作権侵害・写真無断掲載・脅迫行為の疑いについて

先日、私が入居中・退去前に、私の生活していた部屋の写真を不動産会社株式会社アセットアイデア長坂亮佑氏にathomeへ無断掲載されました。

 

公共性・公益性・真実性にもとづき、どのような事が起こったのかをここに記したいと思います。
この記事は、早期の問題解決と私自身の安全確保を目的としております。

 

経緯

フィールA渋谷(渋谷区円山町5-4)の退去が決まった後、ふと私の住んでいた物件が次どのような金額や条件・評判・評価・口コミで掲載募集されているのかが気になりました。
14階の最上階の特殊な間取りの物件のため、すぐに募集ページは見付かりました。

そこに掲載されていたのは、私が今まさに生活している状態の部屋の画像。見慣れた椅子・デザイナーテーブル・ディスプレイ・カーペット・ソファなど数々の家具。寒気を感じました。

こちらがathome(アットホーム)の掲載画像です。

引用元:http://web.archive.org/web/20191026032501/https://www.athome.co.jp/smp/chintai/6969025182/

すぐに賃貸管理会社の株式会社アセットアイデア長坂亮佑氏に電話とメールをする。聞くところによると、私が生活していた部屋の写真を無断でathome(アットホーム)に掲載した理由は、客付け(賃貸募集・新規入居者募集)をするためとのこと。(メールにて証言履歴有り)
意味がわかりませんでした。

以前、マンション内の空調設備に異常が発生したため、長坂氏に部屋まで来て現状確認いただいたことがありました。その際、私は、物件所有者(オーナー)様に対して、現在の内装状態を知っていただくため写真撮影を長坂氏に許可しました。
私が入居中にオーナーチェンジがあり、物件内装を確認しないまま購入したとのことで、気の毒に感じ、撮影に応じたんですね。
その善意がまさか、無断でathome(アットホーム)という不特定多数の人の目に晒されるWEBサイトに掲載されるとは予想だにしませんでした。

事実発覚後、説明と画像の削除・損害賠償を求めましたが、一方的な条件の覚書お詫びの気持ちとしての金銭を突きつけ、それだけでなく本件に関係の無い事案の訴訟をちらつかす脅迫と思われる行為を行う株式会社アセットアイデア長坂亮佑氏には、大変恐怖心を抱いております。

その後、アセットアイデア社の賃貸管理物件フィールA渋谷14階のオーナー様との話し合いの場を願い出ましたが、返事がないため、WEBサイト上で訴えかけることを選びました。
後述していますが、管理不足だった点など、オーナー様には知られたくない情報が多々あるのでしょう。


問題点について

今回、株式会社アセットアイデア長坂亮佑氏が行った行為は下記の3点になります。

①プライバシー侵害の疑い
私の生活を本人の許可なく不特定多数に公開したこと。
私の部屋に来たことがある友人・知人・取引先が「この掲載物件は私の部屋である」と判断することができるため。
プライバシーの侵害の要件は①私生活の事実または、事実らしいと受け取られる情報であり,②一般的に本人の判断からして、公開して欲しくない情報であること③一般人にまだ知られていない情報であることでありその情報を本人の許可なく公開したことです。兄弟の部屋の画像を勝手に他人に送るまたは見せる行為は,プライバシー侵害に当たる可能性が高い
引用元:[インターネット]ひとの部屋の写真を流出した場合、プライバシーの侵害や名誉毀損にあたるでしょうか? – 弁護士ドットコム
https://www.bengo4.com/c_23/b_556360/

②著作権侵害の疑い
私が保有するデザイナー家具(著作権含めて買取済み)の画像を無断で不特定多数に公開し商用利用(新規入居者募集)を行ったこと。
2015年に、知財高裁で、わりと広く家具の著作物性を認める(美術の著作物にあたるとする)、という判決
引用元:建物内での写真撮影――家具は著作物なの? | 僕と彼女と著作権 | Web担当者Forum
https://webtan.impress.co.jp/e/2016/05/17/22827/page/2

③脅迫行為の疑い
下記の通り、相手を畏怖させる目的で告訴する旨を通告することは明らかな權利の乱用であり、脅迫罪が成立するという判例があります。
「ⓐ告訴する気もないのに、ⓑ相手を畏怖させる目的で、告訴する旨を通告することは、権利の濫用である。」(B)「通告が権利の濫用であるときは、通告は脅迫にあたる。」
引用元:告訴の意思表示は脅迫か。 大審院大正 3 年 12 月 1 日判決の検討 日下 和人 社会情報学部非常勤講師 https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/11809/4/25-P2%E6%97%A5%E4%B8%8B.pdf
アセットアイデア長坂氏は、電話口にて「清水さん(私)も若く将来有望な経営者なので、事を荒立てないほうが良い 訴訟する考えがある」と伝えてきました。
また、メールの文面においても複数回に渡り「訴訟」をチラつかせていることから悪意があることが伺えます。

これら、違法行為と迷惑行為を行っている疑いのあるアセットアイデア長坂氏については、公共性・公益性・真実性にもとづき、注意警戒を促していきたい所存です。


アセットアイデアの管理能力について

思えば、フィールA渋谷(渋谷区円山町5-4)にて生活をしている中で、疑問に思うことが多々有りました。

賃料の入出金以外の連絡は一切なく、マンションに関する諸連絡はマンション管理会社(賃貸物件の賃貸管理会社ではない)から私への直接であり、アセットアイデア社が管理しているとは到底思えませんでした。

その違和感が明らかになったのは、賃貸仲介会社からの連絡です。
「マンション管理会社から清水さんに伝えたいことがある・・・」
私も賃貸仲介会社の担当者も疑問に思い、マンション管理会社の管理人と直接話をしたところ、オーナーチェンジ後に新しい賃貸管理会社の連絡先をマンション管理会社へ伝えていないどころか、オーナーチェンジがあったことすら通達していなかったのです。書類が存在していないと言われました。
マンション管理会社側はフラストレーションが相当に溜まっていたようで、事情説明と状況把握を私が行いました。

アセットアイデア社の管理能力欠如により、本件のような画像無断掲載連絡先未通達のような結果に繋がったと判断しております。

それらに関連するトラブルや損害賠償を私に追求されても困ります。

また、それらのトラブルや前提条件を正確にオーナー様側へ通達していないと思われ、私とオーナー様との連絡を回避しようという意図が感じ取られます。

さすがにオーナー様も状況を全て理解してはいないと信じたいです。流石に酷いですよね。

私は、アセットアイデアを介さず、しっかりとオーナー様へ状況説明をさせていただきたいと考えております。


アセットアイデアの会社情報について

このような会社です。

  • 社名

    株式会社アセットアイデア

  • 所在地

    〒107-0062
    東京都港区南青山2-2-15 ウィン青山504

  • 代表者

    代表取締役 長坂亮佑

  • 設立年月日

    平成28年5月10日

  • 電話番号

    03-6459-2034

  • FAX番号

    03-6459-2036

  • 宅地建物
    取引業免許

    東京都知事(1)第99381号

  • 加入団体

    公益社団法人 全国宅地建物取引業保証協会

「不動産の新たなカタチを見つけ出すもの」というキャッチコピーがありますが、たしかに不動産の新たなカタチを見つけ出したと思います。
引用元:株式会社アセットアイデア https://asset-idea.com/


下記のようなサービスも提供されているそうです。

建替えマンション投資
昭和56年以前に建築確認を取得した「旧耐震基準」のマンションの立替投資サービス

引用元:建替えマンション投資.com
https://tatekae-mansion-toushi.com/


パークコート神宮前Navi
三井不動産レジデンシャルが2009年3月に竣工したのパークコート神宮前の売買物件・賃貸物件の紹介サイト

引用元:パークコート神宮前Navi
https://pcj-aruaru.com/


被害にあったat home無断掲載ページ

 

以上

清水翔太
ご連絡はこちらのフォームよりお願いいたします。