ニューノーマルと言われ始めたものはもう「New」ではない

ニューノーマルというものは、すでに多くの人の中で起こってしまっている現象を定義化している言葉にすぎない

本当に新しい・次世代のものは、定義されず、曖昧な状況、他人から見れば不自然かつ不気味・気持ち悪く思えてしまう状態に存在する

少し前であれば、YoutubeなどのSNSに顔出しで動画投稿している人がそれにあたるだろう
いまでは、ご存知の通り、当たり前になっている

毎日の中に奇妙かつ受け入れがたいが、ある程度の評価を得ていたり、ファンを形成しているものはないだろうか?
それが、じきにスタンダードになり、ノーマルになります

アフターコロナだとか、Withコロナだとかで声高にニューノーマルを叫んでいる人たちは本質を理解していない、ただのノーマルです


ニューノーマル(新常態) (ニューノーマル(しんじょうたい)) 新たな状態や常識を指す用語で、構造的な変化が避けられない状態を指します。世界経済はリーマンショックから立ち直っても、もとの姿には戻れないとの見解から生まれた言葉です。2014年、中国では、習近平国家主席が中国は「新常態」に入りつつあると述べたことから、これがニューノーマルに相当するとして話題になりました。

引用元:https://www.smbcnikko.co.jp/terms/japan/ni/J0765.html

あわせて読みたい